××× ラブ ×××




「ね〜跡部。“愛”って何?」 

「・・・は?」 


いきなりの質問はいつものこと。 
突飛な質問なのもいつものこと。 
その質問を聞いて頭が痛くなるのも…いつものこと。 

跡部は、我ながら美味しくはいったと思う紅茶を片手に、 
千石の、何度目かわからない質問を聞いた。 


“愛”とは何だ?そんなの自分で考えやがれ。 


「俺の君に対しての“想い”って、“愛”なのかな〜?」 

自分の胸元を掴んで上を向き、わかんなくなっちゃったと千石は言う。 
その表情からは何もつかめない。 

それは・・・ 

「…それは、俺に飽きたってことか?」 

ガバッと、千石は驚いた顔をして跡部に目線を移す。 
その表情は、何を言ってるんだと。何故そうなると、おもむろに言っているようで。 
それは突飛な千石の質問に呆れてもれたのか、千石の表情を見てとった安心からもれたのか。 
跡部は一つため息をもらす。 

「俺への想いがわかんなくなったんだろ? 
 それって、好きか嫌いかわからないってことじゃねぇのかよ?」 

「違うよ!!」 

心外だと怒っているのか、少し千石の顔が赤い。 
それじゃ何なんだ、と問いかけの表情を浮かべ、跡部は千石を見る。 
その視線に気づいたのか、千石はまた考える表情を浮かべながら口を開いた。 

「跡部への想い、今までは“好き”で表せたんだ。 
 でも、自分の中でそれじゃ違うって思えてきて。」 

「違う?」 

自分でもよくわからないのだと、千石は言う。 
いくらインサイトができる跡部でも、千石の中で確立されていない“想い”をみることはできない。 
千石は、考えながら考えながら、言葉を紡ぐ。 

「何て言うんだろう…“好き”じゃ足りない気がするんだよね〜。 
 “好き”っていうのが、どの範囲をカバーする想いの強さなのかはわかんないけど、 
 “好き”じゃ足りない気がするんだ。どうしても。 
 ということは〜だ、俺は跡部を“愛”してるのかな〜って。」 

「お前がそう思うのなら、そうなんじゃねぇの?」 

跡部は紅茶に口を付けながら、千石の言葉をさらりと流す。 
千石は跡部のその態度に口をとがらす。 
“愛”が感じられない、と。 
跡部は笑う。 

「お前、わかってんじゃね〜の?“愛”っての。」 

「え?」 

ふいに跡部と目があった。その瞳は・・・ 

「あ、そうか。うん。わかった。」 

「そうかよ。」 


“愛”って、どうしようもなく“好き”なコトなのかもしれない。 
ううん。“好き”があふれたら、あふれすぎたら“愛”でいいのかもしれない。 
ううん。きっともっと違う。どうしようもなくてわからないモノが“愛”? 


「どうして、人から向けられる“愛”はわかるのに、自分の中の“愛”ってわかんないんだろ?」 

「相手がいてこその“愛”なんだろ。 
 それに・・・」 


“愛”は形や言葉で表せるようなものじゃない。 


「そうだね。そうかもしれない。 
 でもね、俺は言うよ。君に伝えたいんだ。 
 もう“好き”じゃ足りないから・・・」 

千石が跡部に近づく。 
跡部の瞳を見つめたまま、千石は跡部に近づく。 
“愛”のあふれる、その瞳を見つめたまま。 
そして・・・ 



「「愛してる」」 



二人の声が重なった。 



××× END ××× 



12222Hit自爆記念フリーノベル☆(爆死)
しかも日記に書いた突発小説だしね。
こんなんでも欲しいという優しいお方は、是非お持ち帰り下さいv
更新の非常に遅いサイトですが、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

陽炎あさと


<2005.6.27>
















































広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット