キミの横を普通に通り抜けられる勇気をください・・・





























  〜 REUNION 〜






















キミとサヨナラしたのはいつだったっけ?
ハッキリとは覚えてないんだ。すぐにでも忘れてしまいたかったから。



忘れられたかって?
今こうして考えちゃってるんだから、その辺は察してよ。
でも、自分の中で曖昧にはできたよ。かすめることはできた。



そうしなきゃ壊れそうだったからね。



きっと“自己防衛本能”みたいなのが働いたんじゃないかな?



だから、もう大丈夫って思ってたんだ。
ついさっきまでは。












それがどうだろうね?足がすくんでる現状っていうのは?
滑稽すぎて笑えないよ。



目が良すぎる自分をこれほどまでに呪ったことはないね。



昔は…まだキミと付き合ってた頃は…すぐキミを見つけられる目が嬉しかったけど。
今はこんなにも…てね。





















遠くの方からキミが歩いてくる。
久しぶりに見たキミは大人っぽくなってて、知らない人みたいだ。
相変わらず人の目を惹く容姿は、横を通り過ぎる人達を振り向かせる。



少しの間見惚れていたオレは、忙しなく蠢く雑踏にぶつかった。



こんな町中で突っ立ってちゃ邪魔・・・ていうか目立つよな・・・。
それでも・・・すくんだ足は前に進むことはない。



その間、気づかれたくないような気づかれたいような、微妙な感覚がオレを支配する。



あと数メートルしかない、キミとの距離。



その数メートルがもどかしくて、おそろしくて・・・








あぁ・・・神様・・・・・・



もうアナタに頼るしかないみたいです・・・



いつもラッキーが起こった後に感謝するだけだけれど、今回だけは・・・



お願い神様・・・どうか・・・どうか・・・・・・






















キミの横を普通に通り抜けられる勇気を・・・オレにください・・・・・・

















                                  〜fin〜











<独り言>
あるサイトさんで素敵な絵を見まして、そこからイメージが浮かんできて出来た小説です。
REUNIONは『再会』という意味です。
やっぱり途中までは浮かぶけど、最後の締めが浮かばない症候群なようです、私;
読んでくださった方、本当にありがとうございますです(涙)

<2003.9.14>


















































広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット