〜俺様のモーニング 番外編〜



  トゥルルルル…
  トゥルルルル…


   『ん…んあ…』

  トゥルルルル…


  ガチャッ


   『もしもし…跡部…』

   『おはよ〜跡部くんvアナタのキヨスミですよ〜v』

   『あぁ?なんでオマエがかけてくんだよ?』

   『いやね、昨日偶然樺地くんに会ってさ〜。
    ラッキーvと思って、キミのコトを色々聞き出そうとしたんだよ♪
    そしたら、モーニングコールしてるの聞いて…』

   『オマエ・・・』

   『それでね?
   「明日はしなくていいよ〜。俺が責任持って代わりにかけるからさ♪」
    って言っておいたってわけv』

   『…そりゃご苦労だったな。』

   『え?え?何怒ってるのさ?
    朝っぱらから俺の声聴けて嬉しいでしょ〜?』

   『アーン?誰が嬉しいって?…もう切るぞ。』

   『わ!ちょっと待って;窓の外見て!外!!』

   『は?外に何があるってんだよ…』


  ガラッ


   「っ!!」

   『「おはよう、跡部くんv良い天気だね。」』

   「オマエ何して…」

   「キヨスミ君のモーニングコールはお迎え付きなんです〜v」

   「バーカ」

   「うわ!ひど;せっかく早起きしたっていうのに〜!」

   「わかった、わかった;
    近所迷惑だからさっさと上がってこい。」

   「へへvお礼に朝ご飯よろしくねv」

   「は?」

   「キミにモーニングコールするために、朝飯抜いて急いで来たの!!」

   「はははは!本当ご苦労だったな。もう懲りただろ?」

   「ぜ〜んぜんv
    朝から跡部くんの顔見れるし〜、跡部くんが作った朝ご飯食べれるし〜v
    ラッキーずくめで癖になりそうだよv」

   「はっ!言ってろ。」

   「ご用命の際はいつでも言ってね、跡部くんv」



                                                      〜fin〜




  <独り言>
  いつぞやの日記に書いたモノをUP。
  これはテニラジでの例の跡部様の超発言の時に書きました(笑)
  『モーニングコールがキヨからきたら?』みたいなv
  跡部は一人暮らしなんです。なので朝ご飯を作るのは跡部なのです。
  キヨスミ君はそこまで計算済みな行動なのです。さっすが(笑)
  会話文だけだと楽だな〜;
  ちなみに『』は電話での会話。「」は普通の会話です。
  <2003.9.1>








































広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット